あなどれない四国の銀行

あなどれない四国の銀行

四国銀行の商品 便利に使おう阿波銀行

四国銀行の商品

四国銀行で預金

四国銀行の預金は大きく分けて「預金を貯める」商品と「預金を増やす」商品に分類することができます。そのため若いうちから四国銀行をメインバンクとして利用する場合は、これらの商品を段階的に使って効率よく資産形成することとなります。実際に四国銀行は各ライフステージに対応した商品を提供することで、顧客に対して包括的なサービスをおこなうことに成功しています。

 

お金を貯めるには、まず収入の一部を貯金することから始めます。四国銀行では積立定期預金と財形預金がオススメです。財形預金はサラリーマンなど条件が合う一部の人しか利用できないのですが、給与から天引きされて預金されるので、自力ではなかなかお金が貯められないという人に適しています。積立定期預金は貯蓄用の口座に毎月自動振替される仕組みです。積立定期預金でより多く貯めるには、家族構成などにもよりますが給与の2割を積み立てるのが理想です。

 

積立によってある程度お金が貯まったら、円定期預金に移すのが最も確実です。とくにキャンペーン金利によって金利が上がった定期預金を狙うのがコツです。ボーナスなどで大口定期預金を利用するのもいいでしょう。とはいえ定期預金や国債などは利息でしかお金が増える余地がないため、もっと積極的に貯めたい場合は投資信託などで運用することになります。オススメなのはインターネット投資信託とNISAです。なぜなら投資信託の利益が減ってしまう原因である手数料を抑えることができるのです。

 

しかしこうした金融機関の商品を利用するときは、そのリスクも十分に検討しなければいけません。とくにうまくいったときの利益が大きい商品はリスクが高いのです。そのため定期預金や国債に比べると外貨定期預金や投資信託はリスクが高いです。リスクを減らすにはドルのように安定した通貨で外貨預金を利用したり、複数のファンドに分散して投資することが大切です。複数の銀行に預金口座を作成するのも一般的です。

 

 

四国銀行の商品 便利に使おう阿波銀行